ページのヘッダイメージ

iOS/Androidアプリ

iOS/Androidアプリの受託開発を始めました。サイパックの得意とする、文書処理技術や障害者向けソフトウェアを始めとする様々な分野のアプリの開発に対応できます。

詳細については、お気軽にお問い合わせください。

ソフトウェア開発の醍醐味

森の木々ソフトウェアを開発することで、今までできなかったことができるようになる。たとえば、障害をお持ちの方がこれまで困難を極めていたことが、あるソフトウェアの登場によって簡単にできるようになる。コンピュータのソフトウェア開発にはこんな可能性が秘められています。

この醍醐味を胸に、自分たちの開発したソフトウェアが一人でも多くの方に使われることで世の中に役立ちたいという思いを込めてサイパックではソフトウェアの開発を行っています。

サイパックでは、全文検索エンジン、文字コード変換、XMLといった文書処理技術を中心とするソフトウェアや、点字や音声合成技術を用いた障害者・高齢者向けのソフトウェアの開発を行っています。

OSはWindows, Mac OS X, UNIX(Linux, FreeBSD), iOS(iPhone/iPad/iPod touch), Androidなど様々なプラットホームに対応できます。開発対象は、デスクトップアプリケーション、CGI、携帯アプリなど様々なものに対応できます。

社名に込めた思い

CYPACという社名はCYberspace Programming Artists Colonyの頭文字から作った造語です。日本語にすると、コンピュータによるネットワークの中に築かれたプログラミング芸術家村とでもいえるでしょうか。これまでできなかったことが、あるソフトウェアの出現により突然にできるようになる可能性がソフトウェア開発には秘められています。このアイディアを引き出すのは直感感性といったアートの要素だと考えています。

近年のIT技術の伸展では、技術力やビジネスばかりに焦点が向けられていますが、革新をもたらす原動力である直感や感性は置き去りにされ十分に評価されていません。現代のプログラマは別名ソフトウェア技術者と呼ばれるほど技術に重点がおかれています。ピアノの演奏家が技術無しには曲を演奏できないように、技術は必須のものです。しかし技術のみでは人を感動させたり、喜ばせることはできません。ソフトウェアの世界でも、技術にプラスアルファとして加えた魔法のテイストが、人々を感動させるのに相違ありません。

ソフトウェアの開発において直感や感性をなによりも大事にしたい、ソフトウエアの開発を通してそのソフトウェアを使って頂く方々を喜ばせたい、こんな意気込みでCYPACの社名にプログラミングアーティストという言葉を埋め込んでいます。

オープンソース

Open Source SoftwareのロゴCYPACでは、会社の立ち上げ直後のBeatWordのオープンソース化を皮切りに、これまで開発したいくつかのソフトウェアをオープンソースの形で公開してきました。オープンソースは、ソフトウェアの発展や普及を促進する考え方です。自分達が開発したソフトウェアをオープンソースの形で公開することで、多くの人にソフトウェアを利用していただきたいと考えています。CYPACでは、オープンソースに積極的にコミットすることで、ソフトウェアが調和、共生、協調する自由なシステム作りに貢献していきたいと願っています。

近年、LinuxやApacheを初めとするオープンソースのソフトウェアが世の中で利用されるようになってきました。その一方で、オープンソースのソフトウェアの導入に2の足を踏まれる方がおられるのもまた確かです。この理由を整理するとほぼ次の3つに集約できます。

  • ソフトウェアのサポートが心配(不具合があった場合に、ソースコードがあったとしても自社では対応できない)
  • 自社では希望する機能の追加やカスタマイズ等の変更作業が難しい
  • オープンソースではない製品の部品(モジュール)として組み込みたい

CYPACにて制作したオープンソースソフトウェアについては、有償サポートあるいは、有償による機能の追加やカスタマイズを承っています。さらに、オープンソースではない製品への組み込みについては、商用ライセンスのご提供をいたします。詳細についてはお気軽にお問い合わせください。