ページのヘッダイメージ

UNIXプログラミングの道具箱

UNIXプログラミングの道具箱

書籍の表紙イメージ

UNIXプログラミングの道具箱

有限会社サイパック 工藤 智行著
技術評論社発行
ISBN: ISBN4-7741-2039-1
発行年: 2004年

2,480円+税

amazon Amazon

まえがきより

 本書はLinux、FreeBSD、Mac OS X、Solaris、HP-UXなどのUNIX系OSでソフトウェア開発する方を対象に、UNIX環境の優れたプログラミングツールを紹介し、開発作業の中で活用していただくためのガイドブックとして執筆しました。

 UNIX系OSには実に多くの優れたプログラミングツールがあります。ツール多くはいずれもプロフェッショナル向けのツールなので、大規模プロジェクト等で使用すると抜群の生産性を発揮します。一方でプロフェッショナル向きであるがための敷居の高さは否めません。とくにWindowsに代表されるGUIのプログラミング環境に慣れた方には、とりかかりの敷居は多少高いと思われます。この敷居は、ちょっとしたコツが判るとすんなりと乗り越えられるものなのですが、周囲にこのようなコツを伝授してくれる人がいない場合には、意外と出だしでつまづきがちです。

 本書では、数多くのプログラミングツールから、GNU Emacs、make、Autoconf、RCS、CVS、CUnit、CppUnit、GDB、DDD、gprof、gcov、man、doxygenを取り上げました。これらの開発ツールを短時間で身につけ、開発現場で活用するまでのノウハウを解説しました。敷居の高さについては、すんなりと乗り越えられるような方法について筆者の体験を元に紹介しました。

 現在、LinuxやFreeBSDをはじめとするPC UNIXの普及を背景に、UNIXでのプログラミングの機会や需要は急速に高まっています。また、組み込み用途でこれらのOSを利用するケースも急増しているようです。UNIXのプログラミングではツールを使いこなせるかが、勝負の分かれ目と言って過言ではありません。本書によってUNIXのプログラミングツールをものにし、UNIX上での高い生産性を享受していただきたいと思います。